ナルトの大蛇丸の最後は?改心した理由や嫁は誰なのかについても解説!

NARUTOーナルトー

ナルトの大蛇丸の最後は?改心した理由や嫁は誰なのかについても解説!

ナルトに登場するキャラクターでインパクトが大きなキャラクターと言えば『大蛇丸』ですよね。

その大蛇丸の最後がどうなったのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

ここでは大蛇丸の最後や改心した理由、続編の『BORUTO-ボルト-』で『嫁は誰なのか?』についても解説していきたいと思います。

PR


大蛇丸のプロフィール

出典:プリ画像

  • 忍者登録番号:002300
  • 誕生日:10月27日
  • 星座:さそり座
  • 血液型:B型
  • 身長:172cm(51歳)→172cm(54歳)
  • 体重:57.3kg(51歳)→57.3kg(54歳)
  • 趣味:(主に禁忌とされている)新しい術の開発

三代目火影・ヒルゼンの教えを受けた伝説の三忍(大蛇丸・自来也・綱手)の一人。

木ノ葉隠れの里の抜け忍で音隠れの里の創設者でもあります。

大蛇丸は禁忌に手を出したので、他の二人とは敵対する関係になりました。

全ての術を知りたいという願いがあり、限られた命では時間が足りないので『不老不死』の研究に没頭し、他人の肉体を奪って自分の精神が乗り移る器とする『不屍転生の術』を開発します。

抜け忍となった後、イタチに転生するために『暁』に所属しましたが、大蛇丸の目論見は失敗し、『暁』を去ります。

出典:プリ画像

その後『音隠れの里』を創設し、中忍試験に潜入してナルトやサスケと接触。

サスケに『不屍転生の術』使うつもりでしたが、逆にサスケに乗っ取られ、サスケの中に封印されます。

その後復活し、イタチに封印され姿を消します。

しかし、第四次忍界大戦時、サスケによって復活した大蛇丸はサスケに協力します。

続編である『BORUTO-ボルト-』にも登場するのですが、第四次忍界大戦以降は穏やかな感じの性格になっており、周囲とも良好な関係になっています。

性別は男性ですが『私』という一人称を使うので、女性的な言葉使いのイメージがありますが、実態は白い大蛇です。

PR


ナルトの大蛇丸の最後は?

出典:baseballlog

疾風伝 114話『鷹の瞳』

大蛇丸は死んだわけではありません。封印されたのです。

大蛇丸が使う『不屍転生』の術の転生の儀式は一度行うと、次の転生が出来るまでに三年かかります。

イタチに転生できなかった大蛇丸は、サスケを次の器にしようと狙っていました。

そして、木の葉崩しにおける三代目火影との激戦にて、大蛇丸は『不屍転生』を使わざるを得なくなり、更に両腕の自由を失いました。

印を結ぶことが出来なくなり、急に行った『不屍転生』は負担になり、体が拒絶反応を起こします。そこへ、サスケが襲撃をかけます。

大蛇丸はサスケに幻術をかけ転生の儀式を行おうとしますが、逆にサスケの『瞳術写輪眼』でサスケの中に封印されてしまいます。

疾風伝138話 『終焉』

その後、復讐のためにイタチと戦闘していたサスケのチャクラが弱まった事から、封印も弱くなってしまいました。

そこから、大蛇丸は復活を遂げたのですが、イタチの最大の瞳術である『須佐能乎』の十拳剣(対象者を幻術世界へ送る封印術が施された剣)で、異空間に再度封印されてしまいます。

その幻術世界からは、自力では出てこられないので、『死んだ』とも考えられます。

これが大蛇丸の最後かと思ったら、なんと彼は忍連合と暁による第四次忍界大戦中に復活します。

過去にアンコに付けた呪印からカブトの肉体を介することによって、サスケが復活させたのです。

復活した大蛇丸は今までとは違い、サスケに協力し戦争も傍観者的な立場を取ります。

PR


改心した理由

出典:プリ画像

サスケによって復活した大蛇丸は、人が変わったように丸くなっています。

数回の死を経験し、封印された状況で呪印を通して大戦の状況はわかっていました。

自分には関わりのない戦いの中で、思うところがあったのか、何かの心境の変化があったのかは定かではありませんが、サスケによって復活した大蛇丸は今までとは違っていました。

器にする為の存在だったサスケは弟子であった期間もあり、情があったのかもしれません。

復讐の意思を持ったサスケが自分の道を決める手助けをし、彼の決断を見届けようとしています。

戦争を客観視して、サスケを見守る立場が心地よかったのかもしれませんね。

因みに、続編の『BORUTO-ボルト-』では、大蛇丸の息子『ミツキ』が登場します。

三者面談に親として出席したりして、可愛がっている様子が伺えて、何だか微笑ましいです。

ボルトでは何してるの?

出典:プリ画像

続編の『BORUTO-ボルト-』では、水月たちを従えて隠棲し、里外れの研究所で大和らの監視付きで住んでいます。

不老不死の研究は継続中のようで、15年経過しているのに、大蛇丸は以前にも増して若い姿で、ナルトたちをびっくりさせました。

ここでは、大蛇丸の息子『ミツキ』が登場します。

ミツキはアカデミーに転校してきて、ナルトとヒナタの息子『ボルト』とサスケとサクラの娘『サラダ』と同じ班に配属されています。

ミツキは大蛇丸を尊敬しているようで、良好な親子関係が伺われます。

PR


大蛇丸の嫁は誰?

出典:プリ画像

ミツキは大蛇丸の息子として登場するので、大蛇丸が結婚したのか?と思われた方もいるでしょう。

大蛇丸は結婚したわけではないので、嫁はいません。

ミツキは、大蛇丸の細胞を使って作られた人造人間です。

大蛇丸が、人工的に何らかの方法で生み出したと思われます。

大蛇丸の細胞を使っているので、容姿がよく似ているわけです。

大蛇丸が実際に誰かとの間に設けて生まれた子どもではありません。

従って、『大蛇丸の嫁』は存在しないのです。

PR


ナルトの大蛇丸の最後は?改心した理由や嫁は誰なのかについても解説のまとめ

ナルトの大蛇丸の最後は?改心した理由や嫁は誰なのかについて書きましたが、いかがでしたでしょうか。

大蛇丸は死んだわけではなく、自力で出られない場所に封印されたのです。

封印されながら、他人の起こした戦争の状況を感じるうちに、心境の変化があったのでしょう。

サスケによって復活した後は、彼を助けるようになります。

続編の『BORUTO-ボルト-』に息子ともども登場し、誰と結婚したのかと思わせましたが、息子は人造人間なので、嫁は存在しませんでした。

死んだわけではなく封印されただけだったり、改心して丸くなったり、結婚してないのに子どもがいたり、大蛇丸という人は、本当に不思議な感じがします。

不老不死というのは、果たして幸せなのかと、ちょっと考えさせられますね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

PR


人気ブログランキングに参加しています!

良ければ、ポチっとよろしくお願い致します。

この記事の関連記事はこちら↓

ナルトのネジが死亡したのはいつ?作者が退場させた驚くべき理由とは

ナルトのダルイは結婚してる?年齢や術についても解説!

ナルトの半蔵の強さは?死因やミフネとの関係についても解説!

ナルトの五行封印はどんな技だった?何話で使われたのか解説!

ナルトの金閣銀閣は弱い?強さや死因など解説!

タイトルとURLをコピーしました