東京リベンジャーズのあっくん(千堂敦)はなぜ突き落とした?死亡した理由も

東京リベンジャーズ

東京リベンジャーズのあっくん(千堂敦)はなぜ突き落とした?死亡した理由も

東京リベンジャーズに登場するあっくん(千堂敦)は、主人公・タケミチの親友で、キヨマサ組によって奴隷にされていた一人です。

主人公タケミチは誰かに線路に突き落とされたことをきっかけにタイムリープするのですが、その犯人でもあります。

今回は、あっくんがタケミチをなぜ突き落としたのか、また死亡した理由についても解説していきます。

PR


あっくん(千堂敦)のプロフィール

『東京卍リベンジャーズ』(C)和久井健/講談社

  • 本名:千堂敦(せんどうあつし)
  • あだ名:あっくん
  • 身長:168cm(中学時代)174cm(大人)
  • 体重:59kg
  • 誕生日:1991年12月19日
  • 星座:いて座
  • 血液型:O型
  • 夢:美容師

あっくんはタケミチの親友で、溝中5人衆のリーダー核。

タケミチが2回目のタイムリープをする前の現代では、キヨマサを刺してしまい、逮捕されています。

そして、その後は東京卍會の末端のチンピラとして人生を過ごすのですが、タケミチがタイムリープするようになってからあっくんの人生が変わります。

線路から突き飛ばしたり、ヒナが乗っている車に突っ込んだりと、タケミチを狙います。

タケミチがタイムリープして過去を変えてもあっくんは死亡してしまい、タケミチはひどく落胆します。

PR


東京リベンジャーズのあっくん(千堂敦)はなぜ突き落とした?

『東京卍リベンジャーズ』(C)和久井健/講談社

アニメ東京リベンジャーズ4話で、未来に戻ったタケミチは、東京卍會の幹部の一人となったあっくんと再会をします。

そこであっくんは、タケミチを線路から突き落としたのは自分だと暴露しました。

実は東京卍會を裏で牛耳っている稀咲鉄太がタケミチとヒナを狙っており、執拗に命を奪おうとしてきます。

稀咲鉄太の駒として動かされているあっくんには、言うことを聞く以外の選択肢はなく、タケミチを線路から突き落としてしまうのでした。

二回目のループで死亡した理由

『東京卍リベンジャーズ』(C)和久井健/講談社

タケミチの二回目のタイムリープ前は、あっくんはキヨマサを刺し、逮捕されており出所後は、末端のチンピラとなっています。

しかし、タケミチが過去を変えたことによっての二回目のタイムリープ後の未来(現代)では、トレードマークでもあるリーゼントから坊主姿になっていました。

東京卍會の幹部になり、キャバクラを経営する社長と聞いて、タケミチはビックリしていました。

稀咲鉄太を恐れ、命令されるがままに、タケミチを線路へと突きとばすのですが、ナオトに助けられたのを発見し、タケミチがタイムリープしたのではと取り乱します。

しかし、その後で皆を助けてくれと言い、泣き虫のヒーローと言い残すと、そのまま屋上から飛び降り、死亡してしまいました。

PR


あっくん(千堂敦)がヒナの車に突っ込んだのはなぜ?

東京リベンジャーズの死亡キャラと、生存・生き返ったキャラクターの一覧!各タイムリープでの生死を解説!(ネタバレ注意) | マンガアニメをオタクが語る

『東京卍リベンジャーズ』(C)和久井健/講談社

あっくん(千堂敦)がヒナの車に突っ込んだのは、実はこの現実でも、稀咲鉄太に脅されていたからです。

アニメ12話では、あっくんは美容師として修業を積んでおり、初めて人の髪を切っていいと言われ、タケミチの髪を一番最初に切ると言う約束を覚えていました。

中学生の頃に夢だと言っていた美容師になったあっくんに、タケミチは喜んでいました。

あっくんと会った後、タケミチはヒナと再会し夜の公園へ行きます。

タケミチの中で平和な時間が流れていました。

そのはずだったのですが…

途中でトイレに行ったタケミチは、誰かとすれ違います。

見たことがあると思ったタケミチは、すれ違った男の手の甲に書いてある刺青を見て、半間だと確信し、嫌な予感がし、ヒナが待つ車へと急いで向かいました。

しかし次の瞬間、車に戻ったタケミチは、誰かがヒナが乗っている車に突っ込むところを目撃します。

突っ込んだ車に近寄ると、乗っているのがあっくんだと分かります。

そのまま炎上し、ヒナは命を失うのでした。

四回目のループで死亡した理由

東京リベンジャーズのあっくん(千堂敦)が死亡?未来の結末一覧! | 漫画解説研究所

『東京卍リベンジャーズ』(C)和久井健/講談社

四回目のループでは、ヒナの車に追突したときにそのまま死亡しています。

追突しているところをタケミチに目撃され、「なんでタケミチが乗っていないんだ」と言っているので、ヒナと一緒にタケミチも殺そうとしていたことが分かります。

あっくんはこのとき、稀咲鉄太に家族を人質にとられ、タケミチとヒナタを殺すように命令されていました。

そして、稀咲鉄太を恐れ、命令を聞くしかなかったのです。

車が炎上する前にはやはり、あっくんは「みんなを助けてくれ泣き虫のヒーロー」と言っています。

PR


あっくんが稀咲鉄太を恐れた理由は?

東京リベンジャーズの稀咲鉄太(きさきてった)とは?正体や目的と能力やヒナとの関係まで伏線と謎を徹底考察

『東京卍リベンジャーズ』(C)和久井健/講談社

あっくんは稀咲鉄太の駒として、言いなりになっていることが作中でもわかります。

あっくんが飛び降り自殺をしたときは、東京卍會の幹部になっており、稀咲鉄太の駒として使われているのは分かりやすい流れだと思いますが、ヒナの車に突っ込んだ時は美容師として夢をかなえていました。

美容師になったあっくんは結婚しており、奥さんと子供がいました。

稀咲鉄太はあっくんの大事な家族を人質に脅していました。

そのため逆らえなかったのです…。

稀咲鉄太は東京卍會のメンバーに限らず、あらゆる情報網を屈指してどんな人間であれ、操ることが出来る実力を持っています。

屋上から飛び降り自殺をした際には、ナオトが刑事だと言うことやヒナの弟だと言うことも見抜いていました。

これも稀咲鉄太による情報網によるもの。

稀咲鉄太は、東京卍會の中で最も恐れられている人物だとも言われています。

PR


東京リベンジャーズのあっくん(千堂敦)はなぜ突き落とした?死亡した理由のまとめ

東京リベンジャーズのあっくん(千堂敦)はなぜ突き落とした?死亡した理由について書きましたが、いかがでしたでしょうか。

あっくんは稀咲に怯えており、ヒナとタケミチの命を狙っていました。

稀咲鉄太は、タケミチとヒナに執着しており、あっくんの家族を人質にあっくんを脅していました。

あっくんがタケミチと仲がいいことから標的にされたのか、あっくん自身の優しい性格に付け込んで標的にされたのか、稀咲鉄太の性格が卑劣なことが伝わりますね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

PR


人気ブログランキングに参加しています!

良ければ、ポチっとよろしくお願い致します。

この記事の関連記事はこちら↓

『東京リベンジャーズ』パーちん(林田春樹)について解説!強さや現代の姿は?

タイトルとURLをコピーしました