シャーマンキングのオパチョの強さは?その後どうなったの?

シャーマンキング

シャーマンキングのオパチョの強さは?その後どうなったの?

1998年に少年ジャンプで掲載されていた大人気漫画『シャーマンキング』ですが、

ハオの側近のオパチョが、一体どれだけ強いのか気になってる方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな作中でも謎めいたキャラ、オパチョの強さやシャーマンファイトのその後は何してるのかまとめてみました。

シャーマンキングをお得に読みたい方はこちら↓

PR

シャーマンキングのオパチョって何者?

ハオの側近でもあるオパチョは、作中でも判明していない部分が多くあるんです。

オパチョといえばハオの部下の中で一番幼く、アメリカの原住民の民族衣装が特徴。

続編のフラワーズでは、英語や中国語、日本語、フランス語が話せる。

  • 誕生日:不明
  • 血液型:不明
  • 出身地:南アフリカ共和国、名もなき村出身
  • 趣味:洗うこと
  • 好きな食べ物:とうもろこし

誕生日と血液型は現在もわかっていません。

さらにオパチョの性別ですが、これも明確にどちらかなのか判明していないのです。

男説や女説両方あり、オパチョの声優の林原めぐみさんは、自身のラジオでオパチョの事を『元気な男の子』と発言していましたが、2007年に林原めぐみさんの著書にて、ハオ役の高山みなみさんから『女の子』と書かれているためです。

正直見た目ではどちらかわからないですよね…

また正確な生年月日も不明ですが、生まれたばかりの0歳の時に(1996年2月20日)、ほとんど瀕死の状態の時にハオに拾われます。

そのため、ハオには絶大な信頼を置いている。

名前の由来は、ハオが朝倉葉王のころに出会った鬼の乙破千代からとった『オハチヨ』なのですが、舌足らずなオパチョがこう発音したので、それ以降そう呼ばれる。

またハオは心を読むことができる能力をラキストとオパチョにだけ教えており、オパチョは心の底からきれいな心の持ち主だったため、ハオも唯一心を開いてるキャラです。

PR

シャーマンキングのオパチョの強さは?

オパチョの持ち霊は、MAMAと呼ばれるもので自分の髪の毛にオーバーソウルすることにより、羊の姿に変化して戦います。

また巫力ですが、最初は800程度しかなかったものの、最終的に800000と驚異的な伸びを見せ、そのポテンシャルの高さが物語っています。

他のキャラの巫力が知りたい方は、こちらをご参照ください↓

シャーマンキングの葉は弱い?その隠された理由とは
シャーマンキングの葉は弱い?その隠された理由とは 少年ジャンプで1998年に連載し、様々な続編が出ている大人気漫画『シャーマンキング』ですが、 ハオが強すぎて、主人公の朝倉葉が実は弱いのではないかと思っている方もいるのではないで...

さらに数値だけでなく、その見た目とは裏腹に、木刀の竜を一撃で重傷を負わせるほどの強さを持っています。

普段はハオに隠れていますが、かなり強いですよね。

オパチョの能力

オパチョもハオと同じく他人の心の声が聞こえる能力があります。

しかしハオの霊視能力によって、思考を読まれることはさすがに嫌悪感を抱くとのこと。

さらにオパチョはそれだけでなく、『霊視能力』と『遠隔透視能力』も併せ持っており、シャーマンとしての素質は高かったと思います。

さすがハオの側近ですね…

サポートキャラとしても、とても優秀なのが伺えます。

PR

オパチョのその後はどうなったの?

完全版では

完全版では、ハオがグレートスピリッツを手に入れた後、ハオが葉たちを圧倒します。

そしてブラックホールを発動し、絶体絶命の中オパチョが『はおさまいやだいっても、いっしょにいる』とブラックホールの中に飛び込みます。

その自己犠牲を目の当たりにしたハオは、オーバーソウルを解きオパチョを死なせませんでした。

やはりオパチョには、他とは違う愛情があったのでしょうね。

このハオの暴走を止めたのは、紛れもないオパチョなんです!

アニメ版では

ちなみにアニメ版では、気性を荒げたハオに怯えてどこかへ逃げました。

そして二度と出てくることはありませんでした…

え?って思いますよね(笑)

最初自分も見た時、驚きました。

あれだけ慕ってたのにも関わらず、あっさりしすぎてて…

漫画とは真逆の結末になっています。

しかもアニメでは、オパチョはオーバーソウルを使ってないのです(笑)

ちょっと記憶が曖昧ですが、そもそも戦闘描写自体なかった様な気がします。

ですので、原作より謎が多すぎるキャラでしたね…

PR

フラワーズでは

シャーマンキングの続編のフラワーズでは、遊牧民になっており、英語や中国語、日本語、フランス語が話せるマルチリンガルになっています。

遊牧民ですので、色々な国を旅しているうちに各国の言語など、話せるようになったのだと思います。

なぜ遊牧民かの理由は明らかになっていませんが、自然と一緒に気ままに生きたかったのかもしれませんね。

シャーマンキングのオパチョの強さは?その後どうなったのまとめ

シャーマンキングのオパチョの強さは?その後どうなったの?について書きましたがいかがでしたでしょうか。

まだまだ謎が多いキャラでしたが、見かけによらず最終巫力80万と強かったですね!

またハオが唯一心を開いていて、名前の由来がおはちよから来ていたり、漫画とアニメの真逆の結末など、少しでも知れたことがあれば嬉しいです!

4月から放送されるアニメでの活躍が楽しみですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

シャーマンキング全35巻を定価の半額(8,250円)で購入する。

PR


この記事の関連記事はこちら↓

シャーマンキングの声優が豪華すぎる一覧まとめ!変更になったのは誰?

シャーマンキングのハオの最後は?アニメと漫画の衝撃の結末とは

シャーマンキングの蓮の嫁はメイデン!出会いやきっかけは何?

シャーマンキングの全話見逃し配信を無料で見るならここ!おすすめを紹介!

シャーマンキングのホロホロは大人になって何してる?その衝撃の姿とは

タイトルとURLをコピーしました