地獄楽の結は実在している?一体どんな人物なのかまとめてみた

地獄楽

地獄楽の結は実在している?一体どんな人物なのかまとめてみた

少年ジャンプ+で掲載されている大人気漫画『地獄楽』ですが、主人公画眉丸の奥さんのについてまだまだ謎な部分も多いですよね。

画眉丸の唯一の生きがいである結がなぜ実在しているとわかるのか

今回は120話(11月30日)までで判明していることをまとめてみました。

PR

地獄楽の結ってどんな人物?

結(ゆい)は、石隠れ衆の里長の娘で画眉丸の奥さんになります。

性格は、心優しくて朗らか

画眉丸が生きたいと思う唯一の存在で、作中ではいまだ回想でしか登場していません。

画眉丸曰く、『声は少し高くてゆっくりで、笑うと細まる眼、長く柔らかい指、髪が靡くといい香りがする』とのこと。

髪は美しくうねりのある金髪で、顔の傷は、『石隠れでは男は兵、女は子種の器…人として生きる道は与えられない』ということから普通の女性の生き方を諦めるようにと父親により焼かれたたためで、そんな冷酷な父親とは対照的に、人として温かい心と暮らしを画眉丸に教えました。

そしてそんな結がなぜ実在してるかわからないのでしょうか。

PR

地獄楽の結は実在している?その理由とは

そもそもなぜこんな曖昧なのかといいますと

画眉丸が島から出て、生きたいという理由が妻(結)に会うためだったのですが

その後、杠に『忍びの世界では支配するために幻術を常套手段として使うから、奥さんは実は幻なんじゃないの?』と言われ、記憶がうっすらですが実感があるといい、『会って確かめる』という画眉丸。

これまで明確な証拠はありませんでしたが

この後のシジャとの闘いで結が実在しているという理由が判明します。

シジャの口から、結と画眉丸の夫婦生活が語られたからです。

105話でシジャが『愛する奥様は…あなたたち夫婦は本当に…まやかしなのですから』

『奥様は…存在しないのに』『お二人の今までの暮らしは、所詮ままごと…』

画眉丸が奥さんがいるとは言っていないのに、いる前提で話を進め、それはなぜかというとシジャにとって信じられない信じたくない存在が結でした。

あれだけ狂愛しているシジャが夫婦の生活を見ており、昔の冷酷な画眉丸に戻ってほしくて、まやかしと言いますが画眉丸には結が存在するというだけで十分でした。

その後、力を取り戻すわけですが

他にも佐切が以前に結を見ていたことや、士遠がいうように幻だったらあれだけの気が出るはずがないと発言していることも含め

結との2人の想い出、そして結が実在していることがこれで確定になりました。

これからも二人の思い出が語られるのが楽しみですね。

PR

地獄楽の結は実在している?一体どんな人物なのかのまとめ

地獄楽の結は実在している?一体どんな人物なのかまとめてみたについて、書きましたがいかがでしたでしょうか。

幻ではなくほんとによかったです。

はやく二人が再会しているところを見てみたいですが、再会するということは島を出ないといけないので、終わりが近そうで複雑ですよね…

再会してもまだ続いてほしいですが、連載した際に一定のペースでイラストの回があるのですが、それがこないだ最後のイラストだったため終わりが近づいているんだなと感じます。

まだまだ人気漫画ですので、できたら二期やってほしいですよね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

PR

この記事の関連記事はこちら↓

地獄楽のシジャの性別は?技から強さまでまとめてみた

地獄楽の杠について徹底解説!どんな人物で技や強さはどのくらい?

地獄楽の死亡キャラ一覧まとめ!最後に生き残るのは○○?

地獄楽が打ち切りで検索されている理由とは?最終回まであと何話?

地獄楽のアニメ化はいつ?ジャンプ+で他になった作品は?

タイトルとURLをコピーしました