シャーマンキングのファウストが死亡したのはいつ?載ってるのは何巻?

シャーマンキング

シャーマンキングのファウストが死亡したのはいつ?載ってるのは何巻?

少年ジャンプで連載していた大人気漫画『シャーマンキング』ですが、

その中に出てくるファウストが、いつの間にか死亡してて驚いた方も多いのではないでしょうか。

今回は、そのファウストが死亡したのはいつで、載ってるのは何巻なのかをまとめてみました。

シャーマンキングをお得に読みたい方はこちら↓

PR


シャーマンキングのファウストが死亡したのはいつ?

ファウストがシャーマンファイト中に死亡するのは一回で、十司祭のラジムとの戦いで、ファウストは光で目くらまししてから攻撃しますが、ラジムはグラサンをかけていることもあり効かず、そのまま体を一突きにされてしまいます。

なんとかふんばりの詩で、もちこたえようとしますが、ラジムの一撃により力尽きてしまいます。

ちなみに他の主要メンバー(葉や蓮、ホロホロなど)と比べると、死んだ回数が少ないため、最終巫力は12500とかなり少なめになっています。

ファウストの最後はどうなる?

出典:電撃オンライン

しかしシャーマンファイト後に霊の状態で、もう一回死んでしまうのです。

シャーマンファイト後は、ふんばり温泉で医師として、世界各地をまわる朝倉夫婦をサポートしています。

葉とアンナは、ハオとの『世界平和にするという約束』を叶えるため、世界中の無法区域に向かい、『大地の交渉人』として活躍していました。

そこでファウストは、けが人の治療などを任されていたのだと思います。

しかし霊の状態でしたが、ファウストは激務により過労死してしまうのです。

アンナのドSぶりが目に浮かびますよね…(笑)

もう一回蘇生する事も出来たのですが、自身のやる気がなくなってしまったため、蘇生を拒み戻ることはありませんでした。

ファウスト曰く、『恩は充分に返しました。エリザと仲良くいれれば、それが一番の幸せ』といい、エリザと一緒にグレートスピリッツに帰っていきました。

ちなみにその後もアンナから口寄せで呼ばれれば、快く協力しているそう。

最初はただの嫌な奴かと思いましたが、途中から仲間になり、裏切ることもなく葉たちを支えていて、いいキャラでしたね!

しかし、『そんなシーンあったけ…』と思う方に説明していきます。

PR


載ってるのは何巻?

出典:RENOTE

ファウストが過労死するシーンは、そのような描写があるわけではありません。

単行本の31巻の最後にある『ふんばり温泉の青春編』にちょっとだけ描かれているだけです。

そのため、そこまで知らない方が多いのだと思います。

PR


シャーマンキングのファウストが死亡したのはいつ?載ってるのは何巻のまとめ

シャーマンキングのファウストが死亡したのはいつ?載ってるのは何巻について書きましたが、いかがでしたでしょうか

ファウストが死亡したのは、完結版でいいますと32巻のラジム戦で、その後は霊状態でしたが、激務による過労死で死亡しています。

過労死は単行本の31巻の最後の『ふんばり温泉の青春編』にちょっとだけ記載されています。

過労死という事でしたが、エリザがいるから、むしろ良かったのかもしれませんね。

死亡した後でも、呼ばれれば快く協力するファウストの心の広さには、驚きました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

シャーマンキング全35巻を定価の半額(8,250円)で購入する。

PR


この記事の関連記事はこちら↓

シャーマンキングのマルコってどんな人物?技や強さなど徹底解説!

シャーマンキングが講談社に移ったのはなぜ?その後の違いは?

シャーマンキングの葉は弱い?その隠された理由とは

シャーマンキングの見逃し配信を無料で見るならここ!おすすめを紹介!

シャーマンキングのアンナの正体は?ハオの母親説ってほんと?

タイトルとURLをコピーしました