【ボルト】果心居士の正体は自来也のクローン!その後死亡する?

BORUTOーボルトー

【ボルト】に登場する果心居士(かしんこじ)。

正体が謎に包まれていましたが、実は自来也のクローンだったことが判明しました。

今回は果心居士の正体が判明した経緯や、その後(最後)死亡するのかについても解説していきます。

PR

【ボルト】果心居士のプロフィール

出典:『BORUTO-ボルト-』(C)岸本斉史/集英社

顔の口から上を仮面で覆い隠し、長くて白い髪に白ひげがあごからもみ上げまで繋がっていて、いかにも渋いおじさまのような印象です。

目尻には頬まで続くひっかき傷のような模様があります。

何かと謎の多い「殻」という組織の一員で、組織の中枢である「内陣(インナー)」と呼ばれていますが、同じメンバーである人物から「若造」と呼ばれるほどまだ若手のようです。

また、ナルトの関係者しか習得してない螺旋丸を使うことができたり、木の葉隠れの人物以外のチャクラを感知して弾く結界を通過したこと、木の葉の里でも限られた人しか知らない大蛇丸とミツキの関係を知っています。

蝦蟇(蒸気蝦蟇)の口寄せをし、蝦蟇油弾という技を使用していたり、「油」と書かれた額あてを持っていることから自来也を連想させる要素が多い人物です。

PR

果心居士の正体は自来也のクローン!判明したのは何話?

出典:『BORUTO-ボルト-』(C)岸本斉史/集英社

原作である漫画の47話でその事実が描かれています。

大筒木イッシキとの戦いの最中で相手の攻撃を受けて仮面が壊れてしまい、なんと、自来也とそっくりな素顔が明らかになりました。

それと同時に、イッシキが「伝説の三忍自来也のクローン…ここで死ぬこともまたその遺伝子の【宿命】だ」と発言しているのです。

自来也の遺伝子から作られたクローンなのであれば、ナルトが「なぜだか気になる」というような発言をしていたのも、何か特別な繋がりのようなものを感じ取ったのかもしれませんね。

PR

果心居士は生きてる?その後死亡する?

出典:『BORUTO-ボルト-』(C)岸本斉史/集英社

実は、現時点では死んだという事実は確認できていません。

上記の大筒木イッシキとの戦いで瀕死のケガを負ってしまい、もうダメかと思ったところを口寄せの術で召喚した蝦蟇の口に入り、逆口寄せによって煙とともに姿を消してしまいました。

その後、生きているのか、どこで何をしているかは明らかにされていませんが、今後また登場することを期待したいところです。

自来也は本当に死亡した?

出典:『NARUTO-ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

クローンが登場したことにより、当時穢土転生できなかったのは遺体が回収不可能な場所だからではなく、実は本人が生きてるから出来なかったのではという説もありました。

ただ、残念ながら自来也は本当に死亡したと思われます。

あくまで推測になりますが、もし生きているのなら本人が出る前に作中でわざわざクローンとして登場させないですし、引っ張ってクローンを出すより本人を出した方が物語的に盛り上がるためです。

個人的には実は生きていて火影になったナルトと再会して欲しいですが、あのペインとの死闘で格好よく散ったまま終わってほしいという気持ちも少しあるので、どちらにしろ複雑ですよね…。

自来也と果心居士の違い

果心居士と自来也は顔や見た目の印象が瓜二つ、使用する忍術が似ている、あるいは同じなど、共通点はたくさんありますが、決定的に大きな違いが二つあります。

一つ目が『年齢』です。

もし自来也が生きていたとしたら、現在は70歳くらいになっているはずなのですが、組織のメンバーには「若造」と呼ばれているほどですし、どう見てもそこまで高齢には見えません。

次に『性格』です。

みなさんもご存じの通り、自来也はかなりのスケベで、ナルトの貯金を使ってまで女性のいるお店でお酒を飲んで使い切ってしまうなど「忍の三禁(女、金、酒」を一度に破ってしまうようなだらしない私生活を送っていました。

大人としていまいち頼りないイメージですよね(笑)

一方、果心居士はどんなときでも冷静で落ち着いた印象ですし、合理的かつ現実主義な発言が多く、性格があまりにも違うところも踏まえれば、とても同一人物とは思えません。

PR

果心居士の正体は自来也のクローンでその後のまとめ

正体は自来也のクローンでその後について書きましたが、いかがでしたでしょうか。

  • 原作47話で大筒木イッシキの発言で自来也のクローンだと判明
  • 現時点では死亡は確認されていない
  • 残念ながら自来也は死亡したと考えられる
  • 二人は同一人物の可能性は限りなく低い

素顔や人物像が明らかになり、ナルトの師匠である自来也がどこかで生きていると考えられる可能性が低くなってしまって感じる寂しさや、もう感じることも無いと思っていた師匠との絆のようなものを再度感じることができたことへの複雑な感情など、穢土転生ではなくクローンとして登場したことによって、また様々なストーリーが繰り広げられていくのかと思うとまた一つ楽しみが増えますね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事の関連記事はこちら↓

【ボルト】サスケは死亡確定?輪廻眼を潰されて今後どうなる?

【ボルト】ナルトのクラマ(九尾)は生き返る?死亡して復活する可能性はある?

【ボルト】楔(カーマ)とは何?正体や能力・いつ刻まれたかについても解説!

【ボルト】カワキとは何者?正体や過去・敵なのかについても解説!

PR

【ボルト】ロック・リーの嫁はテンテン!?結婚・離婚疑惑の理由について解説!

タイトルとURLをコピーしました